テーマ:あなたの名前

つらつらと

3月2日 くもり 強風吹くがまだ雨降らず。 きょうはつらつらと書く。 強い風は雨戸をバタバタと鳴らし、室内のガラス戸やふすまはその度にその振動(圧)でガタガタと音を出す。 いかに我が家が隙間だらけの古い建物であるかがよくわかる。 わたし自身が体質の変化や加齢で冷え性になったのもあるが、重ね着をしても暖房しても一向に寒さから逃…

続きを読むread more

備忘録

11月28日 晴れ 暖かな一日 休日最終日 (でもすぐに休みあり) 本格的な寒さに備えて キルティングのコートはハンガーに下げてあるが 厚地のジャケットを用心にクリーニングに出した クリーニング店を出て そのまま バスでホームセンターに行く どうしようかと悩んだが 目的の買い物を思って ショッピングカートは…

続きを読むread more

こころ

忘れたふりをして  思いださないようにしていても  ふと思いはどこからかわいてきて 空を見る あの日のあの時の空は憶えていないのに 遠く 空を見る

続きを読むread more

52日

『親が認知症になったら自分はどうするんだろう』 そう言った彼女はつい最近36歳になったばかりだ。 (どうするんだろうって、きちんとした御宅だからそれなりの事は出来るでしょうよ・・) 彼女の家族関係とかのプライベートはよく知らないけれど、親御さんはまだそんな心配をしなくても良い年齢ではないかとも思う。幸いにもわたしだけに掛けられた言…

続きを読むread more

しあわせのしっぽ

朝鳴く蝉と夜鳴く蝉 青葉に覆われたさくら並木は 昼に近いというのに鬱蒼として 蝉しぐれ  ふと 昨夜と今朝に聞いた蝉の声は ここにあるのだろうかと 蝉にも居べき場所と時があるのかもしれないと思う わたしは元気ですと一枚の手紙を添えて 付け届けを送る 一枚では書き足りぬ思いを消して…

続きを読むread more

小さな庭から~早く帰宅した日は

今日は、仕事の段取りよくスムーズに終了できたのでいつもより早く帰宅できました。 久しぶりの晴天が嬉しくて洗濯機を一回まわし、いつものスーパーで買ったスルメイカを煮付けました。 福井産・小ぶりですが12杯で339円! それにしても、この極端な暑さはなんなのでしょう? 電車は、節電対策の為空調をしていません窓を開けて…

続きを読むread more

オトギバナシ

あれからどうよ。 漠然として当たり障りのないお互いの近況を話してしまうと、核心だけが残った。今度は半径何キロという距離感の ある内容ではなく、わたしの心の内に直接投げられた問いだった。敢えて視線を外したようだった。H子はグラスの 水滴を人差し指でなぞると、紙ナプキンでゆっくりとその指を拭き、グラス下の水も拭き取っている…

続きを読むread more

冷たい雨

新メニューの指示書の出来はいかがなものかと思いながら、どうせまた慣れない日本語を使った意味不明の仕上 がりなのだろうとあきらめている。日本語がまだうまく話せない聞き取れないのだから、確認の為に本部からの原 本を見せてほしいと頼んでも良い返事は返ってこない。自費でコピーしても良いから、仕事に必要なことなのだから とこちら…

続きを読むread more

広島からの贈り物♪

いつもお心遣いありがとうございます ただただ感謝の気持ちで ゆっくり包装紙を剥がしました 包装紙の匂いはどこか懐かしく 早速 口に含んだ宮島は甘く柔らかく 疲れて帰宅したわたしのこころと体に優しくしみました こんなわたしにいつも心を掛けて下さる方 お手配して下さった方に御礼申し上げます 本当に…

続きを読むread more

追悼~秋の日に

今朝になってやっと落ち着いたような、それは今日という日が明るい青空で朝からやらなくてはならない事やしたい 事が山積みで、その事を考える隙間が埋められているからだと思います。あれから現実の生活をいつものようにし ていても、頭の右上やお腹の真ん中にその出来事やそれらに関わる物事が横たわっていて、いやだ~!と叫び声を あげた…

続きを読むread more

ひとつ救われるものは

3日の夕刻、相棒からK氏(上司)の本部異動を知らされた。 前日はそんな気配もなかったのだから、わたしが帰った後にその連絡が入ったのだと思う。週末には引継ぎするら しいという内容にまず困った事は間近に迫った衛生検査であり、仕事の隙間時間を使っての清掃はどうするのかと いう事だった。予定されている衛生検査の日は出勤はわたし…

続きを読むread more

気づき

当たり前のように咲いていても 熱い陽射しを受け続ける時も 強い風にあおられる時もあるのに 今日も当たり前のように眺めては 人は高慢で弱いものだなと 君たちの姿を美しく思うなぜに また気づかされた日 【 千日紅 】

続きを読むread more

祈り

グランパの明日が無事に終わりますように 遠い空から祈ります 大丈夫だから 安心して みんな しっかり見守ってくれているから みんな そばにいるから 頑張って 遠い空から祈ります

続きを読むread more

ある日の花達

その日は不思議なくらい体調も気分も良かったので、よく動きました。 無理は禁物と思いますが、この機会を逃すわけにはいきません。以前からやりたいと思っていた場所の掃除をしました。タンスの裏、二年という年月がモハモハしていました。(やっぱりそしてさっぱり) 【ビョウヤナギ】 荷物持ちが居たので、多摩川沿いのホームセンターへバスで…

続きを読むread more

パンダ豆

職場の相棒がお母さまのお里(山形)から頂いたパンダ豆をおすそ分けしてくれた。 パンダの目に似ていることからパンダ豆の愛称で呼ばれているらしい。 別名*黒目豆 「ささげ豆」の仲間。 “意外と固い”と相棒から聞いたので、念のため3日間水に浸し、甘さを控えて煮てみたが、ス トーブの火力が強くコトコトとは…

続きを読むread more

夕暮れ散歩

昨日の夕方、食事までの時間相方と少し散歩をしてきました。 用心をしすぎて足の筋肉が衰えてしまったのでリハビリのつもりで歩きましたが、夜には湿布のお世話になりました。 無理は禁物と少しでも早く回復は、相反していて難しい問題です。 * * * * * * * * * * * 【白萩】 【八重咲きのシュウメイギク…

続きを読むread more

ちょっとひと息

【オオベンケイソウ】 【クコの花】 【ヒオウギの花】 * 日が暮れてキンモクセイが香ってきました。 * この季節はいけません たゆたうのは懐かしい思いばかり

続きを読むread more

小石川植物園にて

【ユッカ蘭】 【彼岸花】 【黄色♪】 【白♪】 *彼岸花はこの色のほかに“ピンク”もあるそうです。 【キツネノマゴ】 【茶の花】 *多くの植物たちが花期を終えていたので残念でした。 *植物達は季節の変化を人間よりも早く感じて、花を咲かせ実を結ぶのですね。

続きを読むread more

フジバカマ ~秋の散策~

【フジバカマ】 【ヒヨドリバナ】 【ヒヨドリバナ】 キク科フジバカマ属 ヒヨドリが鳴く頃咲き始めることから。 【シオン・紫苑】 【萩の花】 *フジバカマ(藤袴)の原産地は中国。 *写真をクリックすると画像が大きくなります*

続きを読むread more

フウセントウワタ ~秋の散策~

【フウセントウワタ】 【フウセントウワタの花】 【フウセントウワタ】 ガガイモ科 原産地:南アフリカ 実付きの姿に面白みがあり、余分な葉を取って生け花などに使います。 水あげは悪く、水切りの後に乳液(白い樹液)を洗い流します。 * * * * * * * * * * * 【シラヤマギク(ムコナ)】 …

続きを読むread more

秋の気配

【カリガネ草】 【蕎麦の花】 【蕎麦の花・こんなにきれい♪】 【桔梗】 【継子の尻拭い・茎に棘があります】 【パンパスグラス】 【ニンジンボク】 【盗人萩】 *写真をクリックすると画像が大きくなります*

続きを読むread more