なにも一度にやらなくも良い♪

暑い一日。
朝方の一瞬だけしか陽が射し込まない部屋ではあるが、陽射しではなく、外からの熱風で部屋の空気がムッとする。
つい最近まで、湯たんぽ生活、朝晩の入浴をしていたのが信じられない。
梅雨冷えはあろうが、5月初夏である。

天気の良さに連日布団干しは続き、わたしは昨日衣替えを済ませた。
押入れの衣装ケースから出した夏物は、ふふん何年同じ物を着てるんだろう代物で、洗濯機で水洗いして干した。
物干し竿に連なったハンガーは、さながらフリーマーケットの店のようだ。

DSCF2498.JPG


やっちゃいなさいよ・・・。

きょうは相方が衣替えを済ませ、電気ストーブを片付けた。
ついでに押入れの整理をしようかと思ったが、断念した。
きょうのタイトルである。

きょう明日だけの休みではないのだから、ボチボチ一つずつやればいいのよ。
昨日はエアコンフィルターを掃除したし、毎日献立に悩んでいるんだし。

今はそんな感じ、デンと構えてガツガツしていない。
ま今はガツガツする意味も相手もないからさ。

DSCF2490.JPG


半月に一度の整形外科は連休明けに行く事にした。
ちょうどマイナンバーカードの受け取り予約が取れたのでその日に合わせる。

******

昨日一昨日と、ケーブルテレビで山田太一氏の作品(ドラマ)を続けて観た。
笠智衆、宇野重吉、加藤嘉、杉浦直樹、井川比佐志、八千草薫など懐かしい俳優ばかり。

『岸辺のアルバム』『ありふれた奇跡』は大好きなドラマだった。
昨日の『シャツの店』は鶴田浩二の最後の出演作品で、興味がないだろうと思っていた相方も全回観ていた。

前に一度観てるんだけど何度観てもしっくり落ち着くのよ。
今の時代ね、ステテコとタボシャツとか股引の姿が出るドラマってある?
やかんでお湯を沸かして、そのやかんが沸くまでの時間にも人の気持ちが出てるのよ。
やかんが沸いてシューッと音が出て、その音に感情が表われていたりね。

DSCF2497.JPG


「昭和の日」の特番として放送されたもので、還暦を過ぎたわたしには懐かしい番組だった。
制作放送された数字を確認して、はるか昔の自分を思い出したりしているステイホーム。

"なにも一度にやらなくも良い♪"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: