備忘録~今年の夏~

コロナ禍で生活や仕事に常に緊張感を持ち続けて、未だ猛暑は続いているが、今年ももう九月になっていた。 なっていたとはなんと暢気な事かと誤解されそうだが、実際、わたし本人があまりにも衰え痛んで、思う事考える事が決して前向きにはなれない現実があるからだ。 短時間労働者のわたしの場合、公休とは名ばかりで週三日の出勤の他は休日となる。 両膝に湿布を貼りコルセットを装着して痛み止めを飲みながらでも…

続きを読む