穏やかにやり過ごそうと思った日

9月30日 晴れ  昨日の敵討ち、シーツとタオルケットを大急ぎで洗濯、西の物干しに干して出勤。 明日が雨の予報だったので思い立った次第。 天気が急変しない限り、日没までには帰宅できるから間に合うだろうと。 画像は過去のもの。 一昨日の事が心のどこかにあって、本心は嫉みなんだろうと思った。 あれからいろいろな不安、恐怖心で仕事をしてきたわたしがなぜ? 親し…

続きを読む

当てが外れる

9月29日 曇り曇り晴れ間無し 予約の整形外科に出向く。 出がけに毛布を干して出たが、バスの車窓から見上げる空は灰色で怪しい。 ま降らなければそれでいい。 今日のタイトルは天気予報を信じてのわたしの気持ち。 整形外科に行く前に、勤務先に寄り、同僚(上司)に孫さんのお下がりを届けた。 お下がりなんて、今の人は気にするかなと伺ったら・・全然平気有難いです。 ++オシロイ…

続きを読む

わだかまり無く

9月28日 晴れ 世間様は涼しくなったが、わが担当部署は相変わらず熱い。 首から下げる扇風機(正式名称は知らぬ)は、さすがにもう付けていない。 作業中、何度も額の汗を拭き、その度に手洗いし手袋を替える。 衛生ルールは厳守。おのれの為、人の為。 今日も完売。有難い♪ さき一昨日、小さな小さな問題が発生したが、わだかまり無く接客。 これで良いのだとこころが応えた。 …

続きを読む

小さな庭の事情

9月27日 曇り 朝は日曜お決まりのマック。 今日こそは種蒔きせねばと心に決めて、8時から『北の国から~遺言後編』を観た。 今回も泣けた、胸がいっぱいになって、番組が終わってからもしばらく放心。 でもでも一週間遅れの種蒔き。 小松菜・大根・水菜をプランターに播き、不織布で覆った。 ++グリーンアイス++ ++土づくり++ まだ寒くもなく発芽もしていない…

続きを読む

雨待ちの空模様

9月26日 小雨・霧雨・曇り空。 洗濯物がいよいよたまったので、早朝から洗濯して近くのランドリーで乾燥をかけた。 軒下に下げて乾く気配がないのなら、ほんの20分(200円)で洗濯物の始末が終わる。 今までは大きな手提げポリ袋に詰めて、重い重いと歩いた。 こんな時に、あのゴロゴロカートは便利で、湿った洗濯物の重さも苦にならない。 本来は培養土を買った時用に購入したのだが、きれいに…

続きを読む

台風免れる

9月24日 午後から雨 浦島太郎的に始まった仕事だが、どうにか「完売」で終了。 平常心でねと自身に言い聞かせながら、ホイサッサと時間の中を泳ぐように動く。 これがコツ。 勿論、同僚の中に荒立てる人間が居たら、それは無理だが、今の職場にはそんな人間はおらぬ。 これが幸せ。 休みだった相方は、掃除・洗濯を済ませて買い物に行ってくれた。 ついでに格安カット店でヘアカットし…

続きを読む

備忘録~五連休~

その五連休も今日で終わり、果たして、明日の仕事は仕事になるのかと自身を疑う。 俗にいう休みボケで、仕事という段取りを頭と体が思い出せるか・・くらい長い休日だった。 週末に息子夫婦が来訪。 夜、此処から千葉へ向かうそうで房総半島を上から下へと結局縦断して連休を過ごすという。 途中の二泊は、いすみで息子の役仕事をこなして、最終は南房総市に泊まって横浜へ帰る。 若いからその強行軍…

続きを読む

備忘録~今年の夏~

コロナ禍で生活や仕事に常に緊張感を持ち続けて、未だ猛暑は続いているが、今年ももう九月になっていた。 なっていたとはなんと暢気な事かと誤解されそうだが、実際、わたし本人があまりにも衰え痛んで、思う事考える事が決して前向きにはなれない現実があるからだ。 短時間労働者のわたしの場合、公休とは名ばかりで週三日の出勤の他は休日となる。 両膝に湿布を貼りコルセットを装着して痛み止めを飲みながらでも…

続きを読む