備忘録

二月も後半に差し掛かって、小さな庭の花々の色があざやかになり、お隣りのサクランボの花も咲き始めた。 室内から眺めれば、空は青く陽射しは降り注ぎ、穏やかな休日。 洗濯物と布団を干し、道行く人達にふと心を留める。 見えない恐怖が近くにあっても、今日を食べて学んで勤めて生きて暮らしていかなければならない。 そのときどきの喜怒哀楽の感情は当たり前にあって、ほんの一瞬はその事を忘れるかもし…

続きを読む