ナンボのもんじゃい?

息子からとんでもない電話があった。
霊感の強い知り合いに背後霊を教えてもらったと言う。
漠然と 若い女性
もしかしたらとわたしに打診があったわけだが
とんでもなく根拠のないものだったので
その人は細木さんの弟子か江原さんの弟子かと
ナンボのもんじゃい?と
大笑いして ご飯食べて早く寝なさいと
小さな子供を諭すようにして電話を切った。

背後霊が見えるのなら
おおよそでも素性や本人との関係もわかるだろうに
漠然と 若い女性。

それは実はわたしなのよ。
若く見えたのはきっとその人の霊力が弱いからよ。

おまえは もっとこわいものを見て育ってきただろうに
そして 違うものを今も背負っているだろうに
何かこころに引っ掛かったのだろうかと
電話を切ってから思った。

しかし ナンボのもんじゃい?
一度その人に会ってみたいものだと
そして
わたしを霊視してよと頼みたいものだとも思った。

**おでんが温まりました**

この記事へのコメント

  • ちむぐくる亭

    reiさん、今晩は♪
    霊感ですかぁ・・。
    実は、オイラも少し有ります。
    中学生の時に、腰をしこたま打ってからです。
    マスコミに出てくる、霊能者は、殆ど偽者です。
    本当の霊能者は、TVなど出ません。
    2007年10月27日 03:03
  • rei

    ☆ちむぐくる亭さんへ
    こんにちは♪
    そりゃぁ妖怪さんだから霊感はお持ちでしょうが
    生まれつきではなくて中学生の時からとは・・。
    霊感って誰にでも有る能力だと思いますよ。
    第六感とか虫の知らせとかもそうでしょう?
    偶然にいろんな条件が重なって現象が出た位に思っています。
    下先生は少し興味あります(保阪さんが弟子になった・・)
    2007年10月27日 12:07